ゆるふわ家計奮闘記

1987年生まれの主婦が2020年までに500万貯金を目指します。つみたてNISA・AIロボアドバイザー・シンプルライフ

【家族】おじいちゃん今までありがとう。

f:id:zawachan2017:20180207110642p:plain

先日、義理の祖父が亡くなりました。

 

2017年11月にすい臓がんが見つかり、3ヶ月後の2018年1月に他界しました。

 

結婚してから約5年、義理の祖父母の中で一番元気で面白かったおじいちゃん

1・2ヶ月に一回は会う機会があり、初孫(私の主人)の子供にあたる初ひ孫をいつも抱っこしたりと可愛がってくれていました。

 

11月にすい臓がんが見つかり、亡くなる3ヶ月の間に手術や入退院を繰り返し、12月は普通に歩きまわりケロっとしていましたが、1月に入り新年の挨拶に向かうと、すっかり弱っていました。

それから10日後に亡くなりました。

 

3歳の娘ははまだ「死」を理解出来ず

「ひーじーちゃんねんねしているねぇ」

「ひーじーちゃん笑ってるねぇ」

「ひーじーちゃんお菓子食べる?」

と話しかけていました。

 

家族はみんな末期癌と聞いた時点で覚悟はしていましたが、通告から3ヶ月と早い死に悲しみました。

 

ただ、悲しんでいる中に子供達はいつも通りで

夫を亡くした祖母に「小さい子がいると気持ちが紛れて良かった」と言って頂き、私も少しホッとしました。

 

遺骨になった祖父を見て祖母が「あぁ、こんな姿になってしまって・・・」と一言いったのが忘れられません。

 

3歳の娘も「ひーじーちゃんの骨だ!」

と祖父だと言っていないのに分かって居ました。

 

今では娘は「ひーじーちゃんはお星様になったんだよ」と教えてくれます。

 

祖父の死を見て、いつどのタイミングで病気になるか事故に合うのか分からない、後悔しない様に毎日大切に生きて行こうと思いました。

親孝行、祖父母孝行なんて今まで考えていませんでしたが、時間がある時は顔を出しに言ったり、話を聞きに行こうと考えさせられられました。

 

記録にブログに残しました。