ゆるふわ家計奮闘記

1987年生まれの主婦が2020年までに500万貯金を目指します。つみたてNISA・AIロボアドバイザー・シンプルライフ

【怖い体験談①】好条件バイトの罠。若い女の子は気をつけて!危うくフウ○クで働かされそうになった話

こんにちはざわちゃんです。

今回は私が20歳の頃、危うくフウ○クで働かされそうになったお話です。

当時、服飾の専門学生でした。

毎日の様に衣装を作ったり、ショーの構成を考えたりしていました。 衣装を作るにはこだわりの生地やパーツが必要。 材料費もバカになりません。

放課後はショーの構成などがあるので、夜遅いバイトか単発のバイトに行っていました。

ある日、アルバイト雑誌を見ているとコンパニオンのバイトを見つけます。

好条件バイトの罠

コンパニオンバイトの内容
  • 行きたい日だけ
  • スーツを着て旅館でおっちゃんにお酒を継ぐ
  • 団体さんが相手(一緒に数名の女の子と働ける)
  • 勤務時間2時間
  • 時給高い
  • 駅からの送迎あり

お酒も好きだし、酔っ払いのおっちゃん平気だし うん!好条件だから電話しよ〜♪ と、電話し面接の予約。

面接場所はファミレス

えっ?何でファミレス?会社でしないの?と疑問を持ちながら到着。

意外な面接官

スーツを着たケバ目の女性と気弱なホスト風な男性が登場。

ん??面接官思ったのと違うぞ?!

ケバ目の女性が上司のようで、気弱なホスト風の男性が人気がない席に案内。

(心の声)こんな面接初めて、、大丈夫かしら、、、?

本当はフウ○ク面接だった

面接のやりとり

気弱なホスト風の男性が(以後ホスト)アルバイト内容の説明を始める。 ウンウンとお話を聞いているのが束の間。

ホスト「うちではもう一つ仕事がありまして、フウ○クなんだけど、コンパニオンで働いている子ほとんどしてるんだよ。」

ケバ目の女(以後ケバ女)「大丈夫よ〜。怖くないから、まずうちのスタッフで大丈夫か試してもらうから。 最初はみんな出来ないと言うんだけど、試したら案外大丈夫だったって言うのよ〜。」

えっえっえー!!!:(;゙゚'ω゚'):

ざわちゃん「無理です、、、」

ケバ女が、水を得た魚の様に永遠とフウ○クバイトを熱く語り出す。 コンパニオンの案内は二の次で、毎度面接でフウ○クで働く様に誘導しているんだろう。

「やります」と言うまで終わる気配が無い

1時間程 「働かない?」 「無理です。」 の繰り返し

途中でやります。って言ってしまいそうになるが言ったら終わりだと思いひたすら「無理です」と言う。

ざわちゃん「無理です!コンパニオンのバイトだけでお願いします!」 と力強く言うと引き下がってくれました。

ケバ女「またしたくなったら教えて〜♪」

と1時間強の面接が終わりました。

きっと気が弱い女子はお試しをし、働くか働かないか決めさせられたのだろう。。。

私は当時怖いもの知らず。 話のネタに一度コンパニオンバイト行ってみました。

f:id:zawachan2017:20171124124242p:plain

コンパニオンバイト行ってみた

送迎

会場の最寄り駅から送迎がありました。 小綺麗な女性(以後小綺麗)が送迎してくれました。

小綺麗「実はね、ざわちゃんの面接の時に後ろの席に居て指示出していたんだ〜」

ざわちゃん「えええ?!」

小綺麗「ざわちゃん可愛いからして欲しかったなー。」

ざわちゃん「えへへー。」 ざわちゃん心の声(持ち上げてフウ○クゴリ押しか!?? 組織ぐるみで怖いわ!)

コンパニオンバイト内容

これは想像通り。 旅館の宴会会場で10人ほどの女の子とお酒を注いでおっちゃん達とお話。 会場に入ってすぐと終わりにに女の子がズラッとならび正座をし、「よろしくお願いいたします。」と「ありがとうございました。」と礼をし終わりました。 2時間はあっという間でした。

お給料

ちゃんと振り込まれていました。

結果

フウ○クゴリ押しのため不信感を抱いた為、コンパニオンバイトは一度きりで終わりました。 母になった今、娘にはして欲しくないバイトです・・・

若い女の子にはバイトの罠がゴロゴロ転がって居ます。

若いと怖い経験も少ないですし、変な事件に巻き込まれかねません。 親御さんも定期的に行動やバイトの確認をしてみてくださいね。